/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

【生の充実感】金精軒『生信玄餅』を食べてみた!!

 

▲富士山と甲府盆地

山梨のお土産といったら、信玄餅を真っ先に思い浮かべる人は多いと思う。

いわゆる安倍川餅風の和菓子なのだが、個包装でどこでもすぐに食べれるし、有名な戦国武将武田信玄の名を冠した商品名はインパクト大だし、なにより美味い。

そんな信玄餅に、なんと生タイプが存在するというではないか。山梨県金精軒製菓が販売する、その名も『生信玄餅である。生の信玄餅ってなんだ?でも、美味しそう…ゴックン。これは生唾ものだ!

 

・購入できる場所は?

通常の信玄餅山梨県以外でも売られており、比較的手に入れる事は簡単だが、生信玄餅は違う。生は数量限定であり、購入場所も限られているのだ。消費期限は3日という、ボルト並みの足の速さも影響しているのだろう。

ところがその貴重な生信玄餅を、地元山梨以外でも入手出来る場所があるというではないか。

▲激熱エリア諏訪湖サービスエリア

その選ばれし場所の一つが、長野県の中央高速自動車道諏訪湖SA下り」だ。

上りではなく下りである。販売日は火曜日土曜日のみなので、くれぐれも気をつけていただきたい。

このSAは二輪駐車スペースが建物から近いので、夏場のバイク乗りは助かることだろう。

マシンから離れ日陰で涼をとる強面の野郎どもが、一様に手にしているのはソフトクリーム。生信玄餅じゃないのは残念だが、この暑さでは致し方ないことだろう。でもみんな、イイ笑顔だぜ!

▲餅、モチ大人気

涼しいSA内に入り、人が群がっているブースを見つけ近づくと

極上の一品、生信玄餅がうず高く積み上げられている。

・消費期限に気をつけるべし

5個入りで税込み993円とやはり通常の信玄餅より高額だが、ここは躊躇なく手に取りレジに運ぶのが吉。なにしろ消費期限3日なのだ。すでにこの時この瞬間から、カウントダウンが始まっているのである。

ジャイロキャノピーうらやましす

帰路を急ぎたいが、バイクで夏の高速道路を走る際は、計画的な休憩と水分補給が重要だ。

考えてもみてほしい。走行中はギラギラの日光を遮る物はなく、常に炎天下に身を晒している状況なのだ。全校朝礼のしょーもない校長講和の時間だったら、気の弱いヤツならぶっ倒れているところだろう。

JAジューシー『エナジンジャー』で喉を潤す。

ところで、生の生姜は生生姜と書くのだろうか…すでに名前に生が入っているのになぁ…などと考えながらブーツを脱ぎ、芝生で最近習い始めたピラティスのキャット・バランスのポーズを…っと危ない危ない。先を急がねばならない。生信玄餅を輸送中だったのだ。なにしろ消費期限3日なのである。

 

・その生っぷりとは

さて、生信玄餅とはいったい、どんな代物なのだろうか。

▲生半可な生じゃない

まず包装が、見慣れた風呂敷包みではない。そして、いつもの信玄餅なら、たっぷりのきな粉と3つに切り分けられた小ぶりの餅が小さな容器にギュウギュウと、一切の無駄なく収められているものなのだが、生信玄のそれは丸い餅がポヨと1つ、気ままな感じで包みに入っている。

だがそのノンキさが、天衣無縫さがむしろ自信と凄みをビンビンに感じさせる。

餅をつまむと…この柔らかさはどうだ…これは尋常ではないプニプニさだ!

指でツンツンすると、餅がモチモチと返してくる。またクイクイするとムチムチと返してくる…おお、このコールアンドレスポンスをしばし楽しもうではないか。これが生、いやライブの醍醐味だ!

▲粉の末端価格はいかに?

所持しているところを職務質問されたら、あらぬ誤解を招きそうな小袋に入っている付属の "きな粉" を

贅沢にもドバッと掛けて

▲パーフェクト生信玄餅の雄姿

黒蜜も掛けたら一応完成となる。

プルプルすぎる餅を、落とさないように慎重に口に運ぶと…う…うまい!やはりいつもの信玄餅とは、餅のレベルが段違いだ。

餅を日持ちさせるためには砂糖を使い硬化を防ぐのだが、信玄餅はその砂糖を可能な限り使用しない。本来の餅の甘みや風味、食感を味わえるようにしている、これぞ生を活かした仕様。生活だ。

先程きな粉と黒蜜を掛けたら一応完成と書いたが、ぜひ何もつけず、まずはそのままの餅を食べて生を、人生を楽しんでいただきたい。

 

・普通の信玄餅との比較

さて、長年の信玄餅ファンとしては、やはり確認しておかなければならないだろう。そう、通常の信玄餅だって十二分に美味しかったはずなのだ。そこで、最後に両者を比較してみることにした。

▲量産型『信玄餅』の図

まずは三切れになっている、いつものノーマル信玄餅を皿に乗せる。やっぱり美味そうである。

そしていつものように黒蜜をたっぷり掛け…ん?

なんだ、この違和感は…。

信玄餅ってこんな、草餅みたいな緑色をしてたかしら…?

そうそう、こうして小さな容器に黒蜜の容器がコンパクトに収まった様式美。そしてナイロンの風呂敷で優しく包まれ…んん?

やはり何かが違う…。

こ、これは…まさか…

『出陣餅』!

▲『信玄餅』ではなく量産型『出陣餅』の図

この越後銘菓『出陣餅』は、新潟県かなざわ総本舗が販売している和菓子である。

餅は風味の良い草餅で、きな粉も少し塩味があり、これはこれでとっても美味しい。お土産に貰ったら、間違いなく喜ばれる逸品だろう。

しかし…

信玄餅桔梗屋Ver. 『吟造り』)

改めて信玄餅とくらべてみると…ほんとクリソツ!

新潟といえば、武田信玄の終生のライバル上杉謙信の本拠地でもある。これには何か思惑があるのでは…両陣営に何か動きがあるのでは…と考えてしまうのは、下衆の勘繰りというものであろうか。

時代は戦国から令和

どっちの餅もめちゃめちゃ美味しいぞ。

いや、マジで。

なにとぞ餅をめぐる "第六次川中島合戦" に発展しないことを切に願い、今宵はここまでにいたしとうございまする。

inakakaoru.hatenablog.com