/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

札幌ラーメン『どさん子』へ行ったら…あれ?なんか違くない?

 

「どう?最近『どさん子』行ってる?」

「急になんなのよ。『どさん子』って、ラーメンの?」「そうそう。その『どさん子』にね、行ってきたんだ」

「ふ~ん。札幌ラーメンで有名なチェーン店だよね、みそラーメンの。言われてみれば、ぜんぜん行ってないなぁ」

「そこの店ではね、大量にお肉が乗ってる『肉みそラーメン』がオススメだから、それいただきました~」

「あんた肉食系でも草食系でもなく、お菓子食系のくせにそんなの頼んだんだ」

「みそは濃厚でまろやか、麺はエッジが効いててコシがあって、大満足でした。上田のバイパス店」

「ん?ちょっと待って、カヲル」

「その店って『どさん子』じゃなくて、『どさん娘』じゃない?」

「え?なにそれ。どゆこと?」

「あんたがラーメン食べた店は『どさん娘』で、残念ながら『どさん子』とは似て非なるものってこと」

「え~!だって同じ札幌ラーメンじゃん。みそラーメンがオススメじゃん」

「そうなんだけど、最初に『どさん子』が流行らして、その後に別の会社が『どさん娘』を立ち上げたんだから、両者は別の店だよね」

「え~!マジかぁ」

「当初『どさん娘』の呼び方は『どさん娘(こ)』だったけど、元祖の『どさん子』に訴えられて『どさん娘(むすめ)』に変わったんだよね」

「え~!『どさんこ』ってよんでたよ~!もう…コホン…『どさんむすめ』(キリッ)…語呂ワル~!!」

「じゃあさ、マキ。佐久の望月にある札幌ラーメンの店も…」

「ああ、あそこね」

だね」

じゃなかった~!」

「あの店のみそラーメンも、めちゃ美味しかったけど…」

「丼の縁に書かれた店名は…確かに『どさん娘』だ」

「でしょ」

「騙された…」

「あんた騙してなんの得があるのよ」

「あ!! そうだ、同じく佐久の長土呂にある店は『どさん子』だったよ。娘じゃなかったはず」

「ああ、長土呂ね」

「当然みそラーメンを食べたけど、なんだか優しい味だったなぁ」

「まァ、あそこは『どさん子』は『どさん子』でも」

どさん子大将だから」

「今度はなんか追加されてた~!子のあとに~!」

「『どさん子大将』も『どさん娘』と同じで後発組だから、『どさん子』とは違うよね」

「ううう…後から来たくせに名前に大将なんかつけて、偉さでマウントを取ろうなんて…長土呂の店長ひとの良さそうなおじいちゃんだったけど、今度は関白でも名乗ろうと厨房で野心を燃やしてなんかいて…弱火でコトコトと」

「あの店長が『どさん子大将』を始めたワケじゃないでしょ」

「じゃあさ、じゃあさ、マキ。十日町にある『どさん子』は…」

「あんた『どさん子』好きだねぇ…ん?」

「あれ?…『どさん』

「ちょっと、店名に子や娘すらついてないじゃない!なんなのよ『どさん』て」

「だ…」

「騙されたー!」

「あんたが勝手に『どさん子』だと思って入ったんでしょ!」

「『どさん』とくれば、『子』へと繋がると思うじゃん!! 美しい地球を、子ども達に繋げなければならないように!」

「知らないわよ!」

「でねマキ、ここでもみそラーメンを頼んだんだけど」

「みそラーメンも好きだよねぇ…」

「ここのは、麺プリップリのツルッツル。スープはみそと脂の甘味が絡み合って濃厚。なにより野菜の炒め具合が素晴らしくて、油の香りもとってもイイ感じ~」

「ふ~ん。美味しそうじゃない」

「だけど、ここも『どさん子』じゃなかった…嗚呼」

「エルドラドでも探してたような落胆ぷりだけど、相手はラーメンチェーン店だから。フツーの」

「ホントにこの世にあるのかな」

「あるから。その辺に。あんたがなんか勝手にスルーしてるだけで」

「でもカヲル、美味しかったんでしょ?」

「美味しかった。また行きたい」

「だったら良かったじゃない、えっと…『どさん』だっけ。やっぱり何か物足りない名前だわ」

「そうそう。『どさん』の後に『子』が足りないなんて…」

「これが少子化問題か」

「誰かチャーシュー1枚持ってきて」

 

inakakaoru.hatenablog.com

【さみしい時も】純米吟醸酒『最低野郎』一献いかが?

 

「あら、どーしたのよヤスさん、しょげた顔して」

「聞いてくれるかい、カヲルママ…」

「俺さ、管理職になったはいいけど、業務管理やら人間関係の構築やら…ホント悩みがつきなくてさ…」

「ヤスさん、器用じゃないからね。悩んでるんだ…ほら、まあ飲んで飲んで」

「うん、ありがと…グビグビ。…そうなんだよなァ、俺、不器用だから進学や就職とかさ、異動なんかで環境変化があるたびに、必ず気に病むタイプだし…ほら、人生のカーブを上手く曲がれないというか」

「コーナーを上手くさばけないのね」

「それでいて、組織にとって良い選択だと判っていたって、自分がこうと決めたらなかなか譲れない意固地なところもあってさ…そりゃ俺だって意識して取り組もうとは思ってるんだよ、好循環…グッドサイクルってやつ?」

「まあねェ、2サイクルも4サイクルも両方いいところあるから」

「でさ、まずは風通しのいい職場を目指そうと思って」

「水冷より空冷の方が情緒あるよね」

「率先して会社の潤滑油になろうと」

「冬はオイル硬めにしてる?」

「勉強してさ、フレームワークを活用して」

クレードルフレームやダイヤモンドフレームもいいけど私はなんたってトラスフレームが」

「あの、カヲルママ…」

「冬に乗れないストレスが溜まってるのは判るけど、なんでもバイクに絡めるのよくないと思うんだ、俺」

「久しく乗ってないから、バイク…」

 

「ほら、ヤスさん、飲み足りないんじゃない?グッと、飲んで飲んで」

「う、うん…グビグビ…プハー。しかしママ、この店にはこの酒しかないの?」

「ウチにはこの純米吟醸酒『最低野郎』しかないわよ。どう?美味しいでしょ?」

「ま、まあ辛口でスッキリとした飲み口でいながら、ちゃんと米の滋味もある旨酒だけど…でもほら、日本酒といったら『久保田』とか『新政』とか、『獺祭』とか」

「聞かない名ねェ」

「そんなマイナーな地酒より、はい、『最低野郎』をドンドンやっちゃって」

「『最低野郎』よりはるかにメジャーだと思うんだけど…グビグビ」

「なんでも、この格好いいラベルの文字を書いた人は、高橋良輔っていう人みたいよ」

「高橋…ふ~ん、有名な人なのかな」

「さあ…たぶん武田双雲みたいな感じじゃない?」

「カヲルママも『最低野郎』どう?」

「あら?ウフフ、じゃあいただくわね。グビグビ…でも雪、また降ってきたみたい。ヤスさん、足元大丈夫?」

「長靴で歩いてきたから」

「よかった。なんたって10年に一度のアレだっていうじゃない、テレビで言ってたわよ。ほら、アレよアレ…」

日本郵政公社がやっていた生命保険の」

「かんぽかな」

「早朝とか休日に、気晴らしや運動のために近所とか公園を歩く」

「散歩だね」

「お前んち、おっばけや~しき~!の」

「勘太ね。となりのトトロの」

「松平け…」

マツケンサンバ

「寒波ね! ママ。10年に一度の寒波‼」

「そうそう、その寒波寒波!」

「ウフフ、やだわ~、ちょっと『最低野郎』飲みすぎちゃったみたい。少しほろ酔い加減…ほっぺがほんのりターレットレンズの精密照準の赤色に」

「ほんのり桜色ってのは聞いたことあるけど」

ごちそうさん。じゃあ、勘定お願い」

「いつもありがと。今日はもう店仕舞いしようかな。はい、伝票」

「…あれ?ママ、少し高くない?」

「あらそう?さっきヤスさんが私に奢ってくれた分と…」

「これから一緒に行くラーメン代も入ってるから」

「うわー、ヒドイなー」

「ウフフ、私も『最低野郎』なんだから、覚悟してよね」

「ハハハ、まいったなー」