/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

【濃い】『酪王カフェオレ』がどれだけ美味しいか勝手に調べたよー

「もしもし、ばあちゃん。オレだよオレ」

「オレ?」

「オレだよオレ」

「ああ、カフェオレかい?」

ってくらいカフェオレ好き、牛乳入りコーヒー系ブロガーカヲルです‼ せーの、オレオレ!

みんな大好きカフェオレは、コーヒーのコクと風味にミルクの甘さとまろやかさが混然一体となった最強飲み物!

だもんで様々な飲料メーカーがこぞってカフェオレを販売し、お店に行けばたくさんのオレ達がケースに並んでいます。でも、その中で一番美味しいカフェオレといえば…

『酪王カフェオレ』に決まってる!

・こでらんに(最高)カフェオレ

福島県酪王共同乳業が県産の新鮮な生乳を使用して製造している、福島のソウルドリンクとも云われるこのカフェオレ。なんたってミルキーで、どうしようもなく美味しい!

どれだけ美味しいかを何とか伝えたいので、勝手に他のカフェオレと飲み比べてみるからチョッと寄ってって。カフェオレのオレ感を数字で表す官能評価をするけど、単位に法定の企画なんてモチないから、便宜上ここでは単位数をオレとします。

エントリーしたのは酪王カフェオレのほか、ワンダ『極 カフェオレ』グリコ『カフェオーレ。どれもカフェオレ好きにはたまらない商品となっております。

まずは『極 カフェオレ』です。

・大手飲料メーカーのカフェオレ

ワンダは言わずと知れたアサヒ飲料のコーヒーブランド。『極 カフェオレ』の成分表を見るとその自慢のコーヒーを差し置いて、先頭に牛乳(国内製造)と記されています。やってくれそう〜。

ゴクゴク…プハー。美味しい~!

さすがはワンダ、コーヒーの香りが濃厚ミルクに埋もれていない。後味はスッキリしていて、これならゴクゴク飲めちゃう。

ただミルキーさが極まっているかと言えば、少々物足りなさを感じます。牛乳の比率も、ハッキリと表記して貰いたいところ。

これは5オレです

お次は『カフェオーレ』です。

・大手食品メーカーのカフェオレ

発売から40年以上も経つ老舗カフェオレ。円錐の表面積を求める公式よりも前に、多くの日本人が出会う円錐といえばこれでしょう。

容器に「生乳50%」と堂々と記されています。このミルキーさが『カフェオーレ』最大の売り。例えるならグラスにカルピスの原液を半分入れて、あと半分水を入れて完成させたほどの濃さということ!

ゴクゴク…プハー。美味しい~!

さすがは伝統と信頼のカフェオレ。濃厚な生乳がミルキーラッシュアワーを起こしてるのに、アラビカ種のコーヒーをしっかりとエスコートして、気が付けばちゃんと美味しさの目的地に到着しているって感じ。でも主役はやっぱり50%使用の生乳。例えるならジョッキに焼酎を半分入れ、あと半分ホッピーを入れて完成させたほどの濃さなのだから!

これは文句なしの10オレです!

最後は『酪王カフェオレ』です。

・地方の雄カフェオレ

福島といえば喜多方ラーメンでも、いかにんじんでも、さんまのポーポー焼きでもない、そう『酪王カフェオレ』でしょ!目を凝らしてよくよくパッケージを見ると、細かい英字で何か書かれている…まるで古代エジプトロゼッタストーン石板か、お母さんが買ってきたなんだかよく分からない英単語がプリントされているシャツを着た中学生みたいなケレンミも大変魅力的。底が知れないオーラを放っています。

ゴクゴク…プハー。美味しい~!もとい、んめー!

1976年の発売以来、なにも足さないなにも引かない山崎スタイルで不変の美味しさを提供している実力者。なんと言っても「生乳50%以上使用」という数字が他のカフェオレを圧倒している。50%以上使用ということは、ひょっとして99%使用している可能性もあるのではと疑うほどの凄い濃さです!

これは限界突破の10000オレです!

300mlで229カロリーもあるという事がチョッピリ気になるけど、「免疫ケア」や「睡眠の質の向上」を謳っている健康飲料を脇に携え陳列されている様を見ると、酪王カフェオレには「ミルキーによる精神の安定」という効能があるから!と思わず許してしまうのが不思議。

みなさまも是非一度、ミルクの大波に身を委ねてみてはいかがでしょうか〜。

コンビニの『生ハム寿司むすび』とワインは合うのか

朝ごはんを洋食にするか和食にするか、悩みますよね。

ベーコンやソーセージのモーニングプレートもいいけれど、白米ホカホカの朝定食も捨てがたい。さらには、朝食はサッサと済ませたいという思惑が交錯する…

そんな全国民の朝の悩みを一気に解消させる商品が、みんな大好きニューデイズにあったのでご紹介しちゃいます!

・おにぎり界の飽くなき挑戦者

コンビニのニューデイズを訪れたならば、何は無くともおにぎりコーナーへ向かう習慣をつけて頂きたいものです。

桜の開花が早まろうが、芸能人が炎上しようが、株価がいくら上がろうがそんな事は知ったこっちゃないですが、ニューデイズのおにぎりブランド「スゴおに」今この瞬間も妙なおにぎりを世に送り出しているかもしれない可能性については目を離してはダメ!絶対!

そのような日々のニューデイズおにぎりパトロールの賜物が、この『ベーコンエッグ風おにぎり』なのです!

日英同盟以来の快挙

ベーコンエッグとは、イギリスの朝食には欠かせない料理の一つ。アイルランドでは起源にまつわる伝説もある程のビッグネームです。しかし、そんな洋食の朝を代表する料理でも、ニューデイズの手に掛かればワケもなくにぎられてしまう。いや、おにぎりと手を握らされてしまう。これはもうスゴおにならぬスゴ腕です。

おにぎりだというのに、この肉の塊をご覧ください。

見ただけでちょっと気の弱い人なら胃液がダ〜出てしまい、食べなくてもお腹一杯になってしまう程の破壊力です!

ただでさえグルグル巻きベーコンはボリューム満点なのに、その下にポテサラ、さらにはトロ~リ玉子が隠されているというのですから、もうこれ一つで朝はパワーチャージ完了!っていうか朝にこれ食べられる人はもうパワーチャージする必要なくね?

いただきま~す。ガブリ…モグモグ…美味しい~!

洋食でもあり和食でもあり、なんたっておにぎりなのでワンハンドでいけちゃうお手軽さ。まさに朝食にピッタリ。オススメですよ~。

ところで…

夕ごはん、洋食にするべきか和食にするべきか、悩みますよね。

またまた問題発生です。

そんな時もニューデイズにお任せ!

『生ハム寿司むすび』が、貴方を和洋折衷の素敵なディナーへとエスコートします。

・生ハムにはメロンよりむすび

この見目麗しい生ハム寿司むすびの肌をご覧ください。

ここにナイフとフォークを添えたなら、もうそれはコースの前菜。夕方に遠くから細目で見たら、スペインのハモン・セラーノに見えるような見えないような…

ガブリ…モグモグ…美味しい~!

生ハムの旨味と中に包まれているクリームチーズのコク、黒胡椒のピリリとしたアクセントが揃っているところへ「ごめんよ。寒いなァ。どうでえ、商売は。いけねえか?しかたねえや、そのうちにまたいい時もあらァな。商いといってよ、飽きずにやらなきゃいけねえぜ」なんて具合で酢飯が顔を出すといった、とってもいい塩梅の味付けです。

生ハムを使ってるんだから、ワインにだって合うかも!

どれどれ…ルンルン♫ …モグモグ…グビグビ…

合わねえェェェェ!

・合わない

酢飯と赤ワインが嚙み合っていない…まるでサグラダ・ファミリアへ印半纏を着た江戸っ子が乗り込み浅草雷門の自慢をスペインっ子へ熱く語っているくらい酢飯が悪目立ちしている…

という訳で生ハム寿司むすびを食べる時は、熱めの濃いィお茶がオススメなのです!