/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

【コカ?ペプシ?いえ】ゴディバのコーラ飲んでみたよー!

 

「あら?マキ、いったい何をお食べになっているのかしら?」

「ナニって、『カントリーマアム』だけど」

「あらあら、あのチョコクッキーの?どこでも売っている?庶民的お菓子世界選手権日本代表の?」

「なんなのよ、日本代表って。でもさカヲル、これは『カントリーマアム チョコまみれ』っていってさ、フツーのカントリーマアムミニに比べてチョコの量2倍なんだって。スゴクない?」

「オホホホホ。そんな事で大喜びしているなんて、あなたもズイブンとお幸せな方ね」

「なによ、その妙ちきりんな喋り方は。それなら、コッチはどうよ?」

『カントリーマアム まみれさんの休日』さっきの『チョコまみれ』の中に、ラムレーズンが入った贅沢品だからね」

「これが贅沢って、オホホホホ!カントリーマアムのくせに、変に背伸びをしたら滑稽極まりなくてよ」

「ちょっと、さっきからなんなのよ、感じ悪いな。アンタだって、カントリーマアム大好きじゃない」

「マキ、もうそれは昔のワ・タ・シ。今はチョコレートといったらゴディバしか口にしなくてよ」

「ゴ、ゴディバゴディバっていったら、あの海外の?高級チョコの代名詞の?」

「オホホホ。私、最近はチョコにあきたらず…」

「羊羹もゴディバじゃなければ、なにか口に合わなくて」

「羊羹⁉ ゴディバの⁉」

「さあ、チョコレート味をお試しあれ」

「これがゴディバ羊羹』…別にチョコと羊羹を一緒にしなくたって…」

「モグモグ…う~ん、まあ美味しいは美味しいけど…」

「オホホホ‼ とってもデリーシャス!洋のチョコと和の羊羹が織りなす、優雅で繊細なシンフォニー。これをエレガントに例えるのならば、そうね…ダブルインパクトかしら」

ロード・ウォリアーズの必殺技じゃん」

「さあ、カカオフルーツ味も、おひとつどうぞ」

「え~、これはどうかなぁ…」

「モグモグ…う~ん、こっちはイマイチだなぁ…私の頭が "羊羹" と "ゴディバ" と "フルーツ" の処理をうまく出来ていないのかもしれないけど」

「オホホホ。庶民の味に慣れた舌では、ムリもないかしら」

「ちょっとカヲル!いい加減にしなさいよ」

「あんたが一番好きなお菓子は、駄菓子のキャベツ太郎って知ってるんだからね!」

「うっ…」

「あんたのフェイスブックのプロフィールに『"どんどん焼" に入っているピーナッツのように日々ガンバっています!』なんて書いてあるのも知ってるんだから。なんなのよ、どんどん焼のピーナッツって」

「ちょっとしか入ってないけど、愛おしいじゃん‼ あのピーナッツ!」

「知らないわよ!」

「好きな飲み物だって、チェリオライフガードのくせに」

「あれで生き延びていた時期もありました」

『めがぱち』なんて謎のドリンクも買ってきたじゃん、チェリオの」

チェリオの話はもういいの!あんなジャンクでパンクな飲料製造元とはもうオサラバよ。私、今は飲み物だってアレなんだから」

「えっ⁉ アレって、まさかまた…」

「ジャーン‼ ゴディバ クラフトコーラ』だよ!」

ゴディバのコーラ⁉ カカオ風味⁉ カロリーオフ⁉」

「オホホホホ!コーラなのにこの高級感。ゴディバのシンボルマークであり、名前の由来でもある馬に乗った裸婦 "レディ・ゴディバ" のラベルが、コーラのボトルに貼られる日がくるなんて…エクセレント!」

「味はどうかな…ゴクゴク…ふ~ん、ちゃんとチョコ味のコーラだね」

「グビグビ…ミロ味?」

「濃厚なカカオの存在感がしっかりあって、さすがはゴディバね」

ミルメーク味?」

「ちょっと、あんたの方がゴディバ推しなんでしょ‼ 少しは寄せてきなさいよ!」

「待ってマキ!」

「なによカヲル」

「今ね…パッケージの裏を見たらね…そんなことって…」

「どうしたのよ」

「このコーラの製造元って…」

「製造元?そりゃゴディバじゃ…エッ⁉ 嘘でしょ」

チェリオ‼」

【最強メシってマジ?】『キューちゃんバターご飯』を食べてみた

もうどれくらい『きゅりのキューちゃん』を食べていないだろうか。発売から60年以上愛されている、もはや国民食ともいえるキュウリの醤油漬けなのだが、正直ここ数年は口にしていなかった。

ところが先日、カーラジオから流れる販売元「東海漬物」のCMを聴いた途端、俄然キューちゃんを食べたくなってしまった。時報CMの短い時間という制限下にも関わらず、公式がなんと「キューちゃんの一番うまい食べ方は『キューちゃんバターご飯』だから‼」などと、公共の電波を使い高らかに宣言、かつ挑発をラジオの前のみんなにしているではないか。

本当に美味いのか。実際に食べてみることにした!

 

・米を準備するのだまずはお米を準備する必要がある。折しも季節は初秋。場所によっては米の収穫がすでに始まっていることだろう。

キューちゃんの一番うまい食べ方に敬意を表し、ここは是非とも米にこだわりたい。

米といえばコシヒカリコシヒカリといえば魚沼産!

というわけで、新潟県南魚沼市に向かい、まずは高台からコシヒカリの様子を確かめる。

眼下に広がる田んぼの稲穂はすっかり色づいている。黄金なす大地とはこのことだろう。

米を買うため『雪国観光センター 魚野の里』に着いたとたん、目に入った『魚沼はちみつ食パン』というのぼり旗を見て、一抹の不安を感じる。

米の聖地であるここ魚沼でパンを推すという行為は、いうなれば阪神ファンで埋まる甲子園球場ジャイアンツのユニフォームを着て観戦するのと同様な行為といえる。脳内が一瞬パニックを起こすのも無理はない。

はたして新米はあるのだろうか。

その心配は杞憂に終わった。「新米入荷しました」の頼もしい文字。

日本穀物検定協会による米の食味ランキングで、当たり前のように毎年「特A」を獲得する魚沼産コシヒカリ。豪雪地帯の豊富な雪解け水と、寒暖差のある土地で育まれた令和4年の米たちも、ふっくら炊きあがるその瞬間を今か今かと待っている塩梅だ。

お土産用に、300グラム(2合)のお手頃サイズを購入することもできるぞ。

さあ、新米の魚沼産コシヒカリも手に入れた。キューちゃん最強メシへ向けて、細工は流流、仕上げを五郎丸歩…もとい御覧じろだ!

 

・飯盒で米を炊くのだどのお宅にも常備されているであろう兵式飯盒で、コシヒカリを一気に炊き上げる。

飯盒炊爨はジュウジュウ吹くのを見たり、ピチピチと鳴る音を聞いたり、クンクン匂いをかいだりと、わりかし忙しく立ち回る作業なのだが、これもひとえにキューちゃん最強メシに辿りつくため。一切手を抜くことはできないのだ。

          よし、炊きあがったぞ!

お茶碗にふっくらとよそい、準備完了。

天下の魚沼産コシヒカリが、さらに新米というブーストをかけて待ち受ける丸い茶碗という名のリングで、キューちゃんは伝説を作ることができるのか。キューちゃん…出てこいや!

 

・無塩バターを使うのだそうそう、これこれ。キューちゃんといえばこのパッケージだよね。

「パリポリ♪ うま!」の文字と共にパッケージに印刷される、ラッパーよろしくキャップを斜めかぶりするキューちゃんは七代目だYO。初代はハチマキにオーバーオールという和洋折衷のナイスガイ。

そして今回、キューちゃんをビクトリーロードに導くのがバターの存在だ。それも無塩バターにこだわる必要がある。なぜならバターに塩味があれば、緻密にブレンドされた4種類の本醸造醤油で構成される、キューちゃん本来の味を邪魔してしまうからだ。

ホカホカご飯に、躊躇なくバターをのせる。

罪悪感など、キューちゃん最強メシの前では毛ほども感じない。最高に「ハイ!」ってやつだ。

そして震える箸でキューちゃんを、そっとバターご飯へランディング。

ふつくしい

これがキューちゃん最強メシ『キューちゃんバターご飯』である。

だが、これではまだ完成とはいえない。そう…

こうだっ!

こう!こう!こうして…キューちゃんとバターとご飯を箸でよく混ぜて…米一粒一粒にバターがコーティングされるくらいにして…こう三位一体に…そして口にかっ込んで…カチャカチャ…ハフハフ…モグモグ…

美味いぞー!

理屈抜きで脳が「あ、美味いです」と判断してしまう美味さだ。シンプルがゆえにインパクトも大きく、オツムがクラクラする状態はまさに「キュークラ」といっても過言ではない。これは…危険だ!

なのでご飯2杯目は

江戸むらさきごはんですよ」で

ハフハフ…モグモグ…カチャカチャ…

こっちも美味いぞー!

というわけで、最後はキューちゃんバターご飯におもわず恐れをなしてしまったワケなのだが、その味は最強の名にふさわしい実力だった。新米のこの時期、ぜひ試してみてはいかがだろうか。

因みにオススメは、茶碗の底にヒタヒタと残るくらい迷わずバターを使うこと。アッチに行って、戻ってこれなくなってもしらないんだから。