/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

【交通安全】筑北村『オートバイ神社』に参拝しました

 

「生きるもの全てに春は来る。希望を持つことだ」

f:id:inakakaoru:20200328145058p:plainスネークが言った通り、ここ長野にも春がやってきました。やったー!

ほぼ半年ぶりにエンジンに火を入れたのですが、冬眠後に初めてスターターボタンを押す瞬間は、どんなバイクでも緊張するものです…

ドカドカドカッ!!

始動しました!

ドロドロドロドロ…

近所迷惑です!

f:id:inakakaoru:20200328145424p:plain駅の旧字体がカッコイイー。

というわけで、今年初めてバイクに跨って向かった先がここ、長野県塩尻市の "洗馬" なのでした。ちょっぴり野暮用があり、お邪魔させていただきました。

f:id:inakakaoru:20200328145624p:plainせば」と読むんですよ。

地名の由来は "朝日将軍" 木曽義仲の家臣が、義仲の馬の足を洗ったからなんですって。江戸時代は中山道31番目の宿場町 "洗馬宿" として栄えたそうです。

洗馬駅に、ちょうど長野色の211系が到着しました。車体のブルーのグラデーションがクール。

f:id:inakakaoru:20200328150032p:plain一日の平均乗車数は100人もないとのことで、ここは無人駅なのです。この時も、駅に居たのは私一人。ロンリー…

♬ …バック・ミラーが 映し出す 蒼い傷跡 memories…『超攻速ガルビオン』の "ロンリー・チェイサー" を口ずさみ、駅を後にしたのでした。

 

・バイクは楽し危ない

数カ月とはいえ久しぶりに乗ってみて、バイクは楽し~いと改めて思うのと同時に、怖~いと思うことも頻りです。調子に乗らずどこにも寄らず直行直帰して、ブルボン "エリーゼ" を食べながら振り返ります。

これは "安全運転祈願" をしなくては!

聞けば全国で4番目に認定を受け、県下では初の「オートバイ神社」が長野県北部に位置する "筑北村" にあると言うではないですか。

さっそく行きましょう!
f:id:inakakaoru:20200328120502p:plain今回は長野市大岡地区を通り、筑北村に向かいます。

長野市は合併により管轄が広くなり、県庁所在地とはいえ多くの山間部も有しているんですよ。

ヤッホー!

f:id:inakakaoru:20200328204554p:plainおっと!民家さんが在りました。失礼しましたー。

長野は山々、所々に集落が点在しているので、小さなコミュニティー単位で独自文化が形成され、かつ残されてきたと言われています。方言もちょっとずつ違いますし、食文化にも差異があります。"おやき" ですら、お互いの出身地によって嫁姑問題に発展するくらい違いがあるんですよ。

 inakakaoru.hatenablog.com

 

f:id:inakakaoru:20200328120912p:plain北アルプスが一望…曇っててよく見えません。あの辺が常念岳かな…

 

・疫病退散!

f:id:inakakaoru:20200328121119p:plain実は大岡地区を通る理由がここ

芦ノ尻 道祖神

どうしても、お参りをしたかったのでした。

f:id:inakakaoru:20200328122514p:plain藁製神面装飾道祖神』です。

大迫力!高さは1.5mくらいあります。

装飾という名の通り、実は道祖神本体はこの藁で作られた神面に覆われているんです。しかしこのビジュアル。他地域で見かける道祖神と一線を画しています。長野県の無形民俗文化財なんですよ。

毎年 "どんど焼き" で燃やされ、一年ごとに作られていて、その年ごとに表情に変化があります。つまりこの写真の道祖神はver.2020というわけです。

f:id:inakakaoru:20200328122707p:plainその昔、村々で病が流行った時に、村境に道祖神を建立して祀り、悪霊を払ったといわれています。

お参りをしましょう。

「どうか国内で、世界で流行している病が早く治まりますように」

 

・あたしゃ神様だよ

大岡から筑北村は、それほど遠くはありません。f:id:inakakaoru:20200328124530p:plain以前、筑北村にお邪魔した際に、『食事処 まる木屋』さんでお昼をいただいた事がありましたっけ。

f:id:inakakaoru:20200328124557p:plainお蕎麦おいしかったー。

なんでも筑北村は山岳内陸型の気候だそうで、お蕎麦の栽培に適した土地なんですって。そんな村で自家栽培した蕎麦の実を、石臼で挽いて使用しているんだから美味しいに決まってる!

f:id:inakakaoru:20200328124625p:plainお蕎麦を頼んで待っていると、革ツナギ姿のお年を召したライダーが入ってきました。

「外のバイク、あなたの?」

と訊かれ、ズルズル…そうでっす!とお蕎麦をすすりながら答えると

「ドカか…若いのに苦労するねぇ…」

とつぶやき、頼んだお蕎麦をスゴイ速さで平らげ、出て行ってしまいました。

「なんなのいったい」と蕎麦湯を飲み終え、お会計を済まそうとすると、なんと!さっきのライダー、もとい紳士が払ってくれていると言うではありませんか。

えーっ⁉ ツーリング先で、ジュースやお菓子、果物や野菜を貰った経験はあるけれど…どうしよう…こんな…過分に…その…ごちそうさまでっす!

でも、あれはきっと…

バイクの神様だったんじゃないの⁉

 

そう、ここはf:id:inakakaoru:20200328124718p:plainオートバイ神社こと「修那羅山安宮神社(しょならさんやすみやじんじゃ)」が鎮座する筑北村ですから。

 

・オートバイ神社に参拝!(山道)

この麓から、神社までは2キロほど。

車の擦れ違いも難しい箇所を含めた、カーブも多い山道を登ります。春や秋は、砂や落ち葉、水たまりなど路面のコンディションにも注意が必要でしょう。気をつけて。

f:id:inakakaoru:20200328133146p:plain着きましたー!

小雨が降り風も強いからか、駐車場にはバイクの姿はありません。せっかく広いバイク専用駐車場があるのに…

というか、人っ子一人居りゃしない!
f:id:inakakaoru:20200328124854p:plainここ修那羅山安宮神社の境内には、石仏や石神、木神が1000体ほど奉納されているそうです。全国的にも珍しくて、パワースポットとしても有名なんですって。

力みなぎってくるー!

 

・お社に参拝!(続く山道)

f:id:inakakaoru:20200328124934p:plainやっぱみなぎってこないー!

人気のない山中はおっかない…強風が森を抜け、木立が大きく共鳴し合って、得も言われぬ恐ろしさ!

f:id:inakakaoru:20200328125030p:plainお社が見えてきました。よかったぁ。

神社の創建は江戸時代末期。創建者は最後の修験者といわれる "修那羅大天武命" で、とても神通広大な人物だったんですって。

f:id:inakakaoru:20200328125137p:plain2019年6月に日本二輪車文化協会によりオートバイ神社に公式認定されたそうです。

全国では4番目の認定という事ですが、ちなみに1番目が島根県、2番目が広島県、3番目が香川県とオートバイ神社は存在し、協会では宗教的目的ではなく、ツーリングの拠点として各都道府県に一ヵ所以上を設立し、地域活性化にも貢献したいと考えているんとのこと。いいことですよね。

f:id:inakakaoru:20200328133303p:plainガラガラガラ

「贅沢は言いませんから、全国のバイク乗りが週末は天気に恵まれ、無事故・無違反・立ちゴケ、少し肌寒くても道の駅でソフトクリームを食べれるくらいの健康体で過ごせますように」

これでよしと。

f:id:inakakaoru:20200328133816p:plain"芳名帳"?

f:id:inakakaoru:20200328133909p:plain
なるほど、参拝客数の調査を行っているんですね。よしっ

田舎…カヲルと…f:id:inakakaoru:20200413225834p:plain木札を一つ、いただきまーす。

 

・とんでもねぇ。あたしゃ神様だよ
f:id:inakakaoru:20200328133445p:plainお札やお守りも売っているみたいだけど、人の気配がしません。

「ニャー」

f:id:inakakaoru:20200328133537p:plain流石オートバイ神社だけあって、バイクが目に付くなぁ。神主さんの所有物なのかしら

「ニャー」

f:id:inakakaoru:20200328134127p:plain「ニャー!」

わーっ‼ ビックリしたーっ!いつの間に。

f:id:inakakaoru:20200328134156p:plain「ニャー」

しかし…

f:id:inakakaoru:20200328134245p:plain「ニャー」

これは…

f:id:inakakaoru:20200328142237p:plain「ニャー」

いったい…

f:id:inakakaoru:20200328142357p:plainめちゃんこ人懐っこい猫です。カワイイー!

歓迎してくれていたのかな。また来るね。

f:id:inakakaoru:20200328142436p:plain結局、石段の下まで降り見送ってくれて、昇って帰っていきました。ありがとー。

神社さんの飼い猫なのかなぁ。可愛らしい…いや…待てよ…もしかしたら…

バイクの神様だったんじゃない⁉