/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

軽トラでバイクを運ぶハメになったよー

さ、バイクのエンジンをかけてと…キュルキュル

ドカドカドカッ‼ ドロドロドロドロ…

フンフフ~ン♬

…ん?

オイル警告灯が消えないーっ‼

普段はエンジン始動後に秒で消える警告灯。だけど今日はどうした訳か、いつまで経っても赤々と点灯したままです。

・一生に一度つくかつかないかの警告灯

あわてて点検窓を覗くと、オイルはちゃんと入ってます。

エンジンのオンとオフでオイルの液面位置は動くので、オイルポンプも問題なさそうだし…う~ん…

そ、そうだ!

油圧を検知するプレッシャースイッチが壊れちゃったんだ!

という訳で、スイッチを新品に変更してみたのですが…

やっぱ警告灯が消えないーっ!まるで眠らない街歌舞伎町のネオンのように、煌々と輝き続けています!

こうなったら仕方ありません。10年来お世話になっているバイク屋さんへ連絡です!プルプルプル…

「もしもし。1100EVOでお世話になっています、カオルです」

「ああ、カオルさん。いかがなさいました?」

「実は、オイル警告灯がいっかな消えなくて…」

「なるほど」

「爆発でもしたらどうしようかと…」

「爆発はしませんが、症状はどんな感じなのです?…ふむふむ…恐らく電装系統のトラブルだと思いますが、点検が必要ですので車体をご持参ください」

「持参…あの…乗ってっちゃったりなんかしたら…」

「オススメはしないとメカニックは言っております」

えーっ!自走不可~!バイク積んで運ぶしかないじゃ~ん!ちぇっちぇっ!

・軽トラトランポ以外に選択肢なし

家にある乗り物を見渡すと、バイクを積めるのは軽トラしかないー!

まず軽トラでトランポするには、当然バイクを荷台へ押し上げる必要があります。乾燥重量169kgと比較的軽めのバイクですが、一人で上げるのはイヤだなぁ…とブツブツ言いながらラダーレールや固定ベルトの用意をしていると、声を掛けてきた人物がいます。

見ると、私がバイクを取り回していると「面白れぇオモチャに乗ってるじゃねぇか」「タイヤは隅までキチッと使ってからが本番だ」「俺はバイクで3回は死んだ」なんてチョイチョイ話しかけてくる、ご近所の俺も昔バイクに乗ってたおじさんじゃないですか!助かった~。

「バイクは片手で押せるもんだ」と話すおじさんに後ろから押して貰い、無事バイクを荷台へ上げる事に成功。「お前は生き残れよ...」と渋く語り続けるおじさんを尻目に、車体の位置を確認しギアを1速に入れます。

前方に向けてタイベルトを張りバイクの右側を固定します(カオル担当)

左側も同様に固定します(カヲル担当)

前輪をロープで固定します(昔バイクに乗ってたおじさん担当)

おじさん渾身の謎のロープワークですが、手伝ってくれた事に只々感謝です。サンキュー、おじさん!

・660CCで1100CCを運ぼう

荷台のバイクを出来るだけ揺らさないよう、こわごわ軽トラを走らせます。道中まだまだ長いな~...ヤダな~…

取りあえずローソンへ寄り

『メガアイスコーヒー』を購入します。これを飲み飲み、慌てずゆっくり行かなくちゃ…メガアイスコーヒーの量は500mlだったっけ…つまり500CCを飲みつつ660CCに乗って1100CCを運ぶって、プププ…え?

6/24まで100円引?税込220円ポッキリ?

超ラッキーじゃんー!

一気にテンション爆上がりけりとなり、意気揚々とエンジンを始動!颯爽と軽トラを走らせます!

カーラジオから流れるナイスな音楽を聴きながら(山間部は電波が途切れます)

5速マニュアルと小さなエンジンを駆使してグッドドライブ(山間部は動物の飛び出しに注意が必要です)

牧歌的~。やっぱり軽トラって最高~。

なんて車窓を流れる田園風景を眺めている暇なんてありません。バイクをトランポしている最中は、バックミラーで常に荷台を監視する必要があります。

・軽トラでバイクを運ぶには細心の注意が必要

もし荷台のバイクの揺れが軽トラの揺れと合っていなかったら、それは固定しているベルトやロープが緩んでいる証拠。大変に危険です!

ですから定期的に車を停めては、ベルト類の固定状況を確認しましょう。

グイグイ…ペシペシ…よかった大丈夫…ついでに背伸びもしてと…う~ん!

しかし今日も暑いな~。

暫くはバイク屋さんへ預かりとなるので、このバイクともしばしのお別れ。これからの梅雨時は乗らないからいいとして、暑い盛りの7月や8月もほぼ乗らないし…なんたって排熱がスゴイし…でも9月を過ぎれば長野はすぐに寒くなるし…じゃあいつ乗るのか?今でしょ!

などと林先生やカーネルサンダース、ときどき武藤敬司のポーズを織り交ぜながら軽トラを運転していると、いつの間にか店舗へ到着していたのでした。やったー!

じゃあまたねー。連絡を受けたら、すぐに軽トラで迎えにくるからねー。...あ

今度はバイクに乗って帰ればいいのか。