/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

戸倉駅かかしの「もつそば」がいろいろ駅そばってレベルじゃない件

 

アチ~…今年の夏は本当に暑いですよね。

テレビから「猛暑」や「酷暑」の言葉を聞かない日はなく、更には「激暑」や「炎暑」などあまり聞いた事がない用語が飛び出す始末。

このままでは「凶暑」や「滅暑」、「魔貫光殺暑」や「スーパーウルティメイトエターナルギャラクティカヘルアンドヘブン暑」等でなければ表現できない暑さになっちゃうのではと、勝手に心配している次第なのであります。

そんな熱帯夜をなんとか潜り抜けたはいいけど、翌日の疲れも抜け切れず冴えない顔して改札を通っているそこのアナタ。

朝食しっかり食べてます?なんとかゼリーとか、かんとかメイトとかで済ましてません?

そんな時は「駅そば」に限る!

おそばをガッツリ食べて、お冷をキューッとやって、楊枝くわえてスポーツ新聞小脇に颯爽と電車に乗るってもんでしょ。

というワケで、今回はオススメの駅そばを紹介しちゃうから。

▲長野県北部にある千曲市の駅

お店の場所は、戸倉上山田温泉で有名なしなの鉄道戸倉駅

の待合室内。

さっそく千曲市民を装って口笛吹きながらカジュアルに扉を開けると…

▲待合室の一角とは思えない押し出し感

ありましたありました。

戦国の陣立てよろしく「天然だし」「おやき」「おつけもの」「スーパードライ」などの幟が林立するなか、「信州そば」の看板が目に飛び込んくるのであります。出陣じゃ~!

戸倉駅内の駅そば、その名も『かかし』さんです。

巷では、ちょっと食欲がないから「かけそば」とか、少しでも栄養をつけようと「月見そば」とか「とろろそば」とか、なんだか四の五の言ってるみたいだけど

▲えーい、鎮まれ鎮まれーい

このカウンターに無造作に置かれた大量のモツが目に入らぬか‼

かかしで頼むのは一番人気の『もつそば』これ一択‼ パワー!

▲お冷はセルフサービス

因みに、この小窓を占拠したモツの上で女将さんと丼のやり取りをするので、それはそれは細心の注意が必要です。

丼を安全にトランスポートするために、この夏は二の腕の筋トレにも取り組もう!

かかしで扱うモツは、ブタ一頭分を仕入れ丁寧に下処理を行った逸品アメリカのサングラスブランド『100%(ワンハンドレッド)』の向こうを張る天然素材100%が店長の自慢。駅そばだからといって色眼鏡で見てはダメ!

八幡屋礒五郎の七味缶を従えて

モツ上空を無事に通過して着丼した、かかし謹製の『もつそば』の雄姿を見よ!

美味しそう~…アチアチ!湯気がスゴイ~。

ここのモツってばプリップリ!

ハフハフ…モグモグ…クニクニ…うま~!

臭みなんてまったくない、なんだかよく分からない様々な部位のモツがこれでもかと入ってるんです!

信州と云えば『八幡屋磯五郎』の七味も振り掛けてーの…

▲これがパワーそばだ!

フーフー…ズルズル…モグモグ…うま~!

おそばも然ることながら、このお汁がまた美味いのなんの…なんたって二日がかりで取った一番出汁を使った滋味あふれるお汁なんだから、モツの脂と相まって絶品すぎる!

ハフハフ…モグモグ…クニクニ…

ふと丼の中から顔を上げ、テレビを観ると高校野球。窓の外にはカップル一組。

この炎天下で、みんな頑張ってる。

かかしの営業時間は午前7時から、元気貰えます。

さあ、朝からパワーをつけて「エクストリームジャッジメントデビルリバースヴィダルサスーンハニーホイップ(中略)暑」を乗り切らなくちゃ!