/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

【スープはじめて物語】これは『佐渡汽船直江津ターミナル食堂』でラーメンを食べたお話だよ

 

「ねぇ、ピィーター。ここは一体どこなの?」

「カヲルお姉さん、ここはね」

新潟県上越市佐渡汽船直江津港カーフェリー乗り場』だよ」

「港?フェリー?うわ~、ステキ~!優雅に船旅を楽しみたいな~」

「いいよねー、憧れの佐渡航路なんちゃってー」

「あら?でもピィーター、おかしいわよ。フェリーなんて影も形もないし、港内だって人っ子一人いないじゃない」

「ざーんねん。直江津港から佐渡小木港までの航路はね、冬期は運休になっちゃうんだ」

「そうなんだ。『カーフェリーこがね丸』っていう船が、運休明けの4月29日に就航するってわけね。私も乗りたいな~」

「ちょうどゴールデンウィークの人出もあって、その頃のターミナルは賑やかだろうね。フェリーだって、大勢のお客で混むんだろうなー」

「スゴイな~。きっと宇宙戦争』のフェリー乗り場のシーンみたいに、すっごく活気があるんだろうね~」

「あれは活気っていうレベルじゃないかなー」

「だけど、ピィーター。佐渡は大きな島だけど、一体なにが有名なのかしら?」

「島は自然豊かで風光明媚、海産物も美味しいけれど、なんたって佐渡金山』かな」

「ふ~ん金山。島で金が採れるってワケね」

佐渡は金の大生産地で、17世紀初めには世界の金生産量の約1割を産出していたそうなんだ。そしてその金は、なんと江戸時代の技術で純度99%超という『弘中綾香の純度100%』に次ぐ高純度で精錬されていたというんだから、スゴいよねー」

「そうなんだ~。へ~…」

金か…

あの海の向こうに大量の金が…

「あれれ?やだなぁ、カヲルお姉さんてば。島に渡れば金が簡単に手に入るなんて思ってたりしてー。クフフ」

「そんなワケないでしょ!ピィーターったら。も~。メッ!アハハハ」

「アハハハ」

「ウフフ」

「ラララ~♬」

金か…

「あの、カヲルお姉さん…その…佐渡金山ってもう閉山してて…」

「わかってるわよ!ピィーターったら。冗談冗談。も~。アハハ」

「ハハハ」

「欲かいたらお腹空いちゃった」

「欲かいてたんだね」

「さて、もう一度カーフェリー乗り場に、ただいま~っと!…あら?ねえピィーター、あれは食堂じゃない?」

「その通り。館内で営業中の佐渡汽船 直江津ターミナル食堂』だよ」

「うわ~!見て見て、メニュー表には美味しそうな食べ物がズラリ。これを見たら、ジッとなんてしていられないんだから」

「ボクだってそうだいっ。カヲルお姉さんは、何を頼むの?」

「迷った時は、メニューの左上で決まり!」

「ここはラーメン650円だね!」

「この雰囲気、最高~。早朝深夜のSAやPA特有の、日常と非日常の境界線上のアリアをビンビンに感じちゃう。ピィーター、早く入りましょうよ」

「了解!ラーメンを求めて『佐渡汽船 直江津ターミナル食堂』店内へレッツゴー!」

「そうこなくっちゃ!!」

「それーい!せーの」

『グルグルスポンチョペペロンチーノ パヤパヤパクンチョの ピィーター‼』

ウンウンウンウン…

(空調の音)

グツグツグツグツ…

(調理器具の音)

「シ~…あんまりはしゃいじゃダメよ、ピィーター…」

「カヲルお姉さんこそ…あ、食券で頼んだラーメンがきたよ」

「これは美味しそう~!」

「オーダーから出てくるまで、またメチャ早かったねー」

「じゃあ、まずはスープからいただくとしようかしら。ズルズル…‼ こ…これは」

「…」

「…」

「海、メチャ感じるんですけど~‼」

「本当だ。しっかり魚介のお出汁が効いていて、このスープはすっごく美味しいぞ」

「でしょ~?正直、麺や具は可もなく不可もなくフツーなんだけど、このスープときたら…これが…ズルズル」

「…」

「やっぱ日本海っていいな~‼」

「あの、カヲルお姉さん」

「わ~波が~」

「ラーメン食べてるんだよね、今」

「ズルズル…あの厨房のうら若き女性が、この美味しい魚介系スープを作りはじめたのかしら?」

「どうかなあ」

「モグモグ…ねえピィーター、とりあえずお礼を言っとこうよ。せーの」

『美味しい魚介系スープありがとうございました~!』

「あと、なんだか日本海にも」

『海の幸ありがとうございました~!』