/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

【朝限定】100円でラーメン食べよー!【佐渡汽船直江津ターミナル食堂】

「で、100円持ってきました?荒川さん」

「いつにまして急だねぇ、カヲルくん。こんな早朝に呼び出して、100円でいったい何を…」

「飛び跳ねてみてください」

「なんで朝5:00にカツアゲされてるんだい、僕は」

▲ワンコインラーメン

「荒川さん、これですよこれ。なにを隠そう、今から新潟県まで100円ラーメンを食べに行くんですよ!」

「ラーメンを?100円で?」

「そうなんです。みんな大好き佐渡汽船直江津ターミナル食堂がリニューアルオープンをしまして、その記念になななんと100円でラーメンを販売しているんです!」

「それにしても、たった100円というのは…」

「社長、安い、安い~」

「夢グループで脳内再生されるねぇ」

inakakaoru.hatenablog.com

「ただし販売期間は3/19~7/5の100日、朝7:20~9:00の100分、限定1日100食という狭き門!選ばれし者たちだけが食べられる聖餐!」

「それで朝早くに出発する必要があったという訳だ」

「今日はお互いに燃費のいいバイクですし、これで朝食が100円で済んじゃうなんてホントめちゃリーズナブル!」

「クロスカブの燃費は、リッターあたり50㎞くらいだからね」

「タダみたいなもんですね」

「タダじゃないねぇ」

「でも私、やっぱり朝早くはちょっと…今度は遅めに起きて高速道路で来ようかなぁ…100円ラーメン食べに」

「100円の恩恵が秒で消し飛んでしまうねぇ」

▲朝にラーメンを食べる選択

「おはようございま~す。わー、居る居る!食べてる食べてる!」

「朝なのに結構な人出だよ」

iPhone発売日の賑わいを思い出すなぁ…」

「カヲルくんは一度たりともiPhoneユーザーになった事ないよねぇ」

「乗るしかない、このビッグウェーブに‼」

「来る人来る人みんな100円ラーメンを頼むから、これでは1日100食なんてアッと言う間かもしれないな。早く来て正解だったかもね」

「しかしペットボトルのお茶が180円の時代に、ラーメン一杯100円というのは改めてスゴイことですよね〜」

「確かに、儲けがあるのか少し心配になるレベルだよ」

「物を売るってレベルじゃねーぞ!」

「懐かしのネットミームはそれくらいにして、注文をしようか」

▲世界一安価なプラチナチケット

「お店で一番安いメニューを頼んだはずなのに、なんでしょうかこの満足感。謎の優越感。カウンターにもたれ自然と斜に構えるナルシズム。100円ラーメンにあらずんば人にあらずの夜郎自大

「よくわからないけど、なんだかワクワクはしてきたよ」

「スタッフの方々は朝からテキパキ働いてますね。ラーメンと本気で向き合ってる証拠です。ラーメンは人を写す鏡のようなもの。誠をもって尽くせば、きっとラーメンも同じ熱量で応えてくれるはず。ここオープンキッチンはまさにコロシアム。客の放つ熱視線から、一瞬だって逃れることは出来ない真剣勝負。そう、客はラーメンを食べてるんじゃない、情報を食べてるんです」

「その...カヲルくん...圧がすごい…僕たちが頼んだのは100円だから、100円ラーメンだから」

▲100円だけどプライスレス

「来ました来ました!100円ラーメン!美味しそう~」

「メンマにカマボコ、ワカメにネギ。チャーシュー類こそ無いものの、しっかり具が揃っているのは素晴らしいね」

「いただきまーす!ズルズル…モグモグ…美味しい~!」

「優しい醤油味が、朝食にはピッタリだね、うん。美味い」

「バイクに乗るとお腹も空きますしね…ズルズル」

「そう言われれば、そんな気もするかな」

「いつもより倍食う…ばいくう…バイク…プププ」

「さ、食べ終えたかい?」

「美味しかったですね~。荒川さん、次なに食べます?」

「ハハハ。なんと言っても100円しか使ってないからね」

「100円しか持って来なかったのでお金貸してください...」

「また全振りしたねぇ100円ラーメンに」