/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

モトコンポを家につれてきました

 

8月〇日(金)☁くもり

かくしていたモトコンポがママに見つかってしまいました。

しゃこのスミにそ~っとかくしていたんだけれど、わたしがついついキックしてエンジンをかけてしまったからです。

モトコンポは、とってもイイ音がします。

ママは「はやくもとのところにもどしてきなさい!」「こんな古いバイク!」とわたしに言ったのだけれど、わたしはていこうしました。

だって、ちゃんと合カギだってある、イイかんじのじょうたいなんだから。

だって、とりあつかいせつめい書や、せいびてちょうだってあるんだから。

ヒューズはダメっぽいけど。

あとステッカーのよびだってたくさん。

こーゆーステッカーのよびがいるのかは、ちょっとよく分かんないけど。

でも、ママはやっぱりダメだと言いました。

わたしはかなしいけれど、モトコンポとバイバイすることにしました。

 

8月△日(土)☂ときどきあめ

きょうはモトコンポをつれてお家から出ました。できるだけとおい所へ、つれて行こうと思いました。

とちゅうコンビニで一休みしました。

大すきなマウントレーニアも、なんだかいつもよりおいしくかんじませんでした。

ななチキを食べながらモトコンポを見ていると、なんだかとってもかなしい気もちになりました。

モトコンポだって、きっとそうだと思います。

わたしはいっしょに帰ることにしました。

モトコンポのおもさは45キログラムと、とってもかるいです。

女の人や子どもでも、少し力があればもち上げることができると思います。

でも、今のわたしにはむずかしいです。

なぜなら、右のさこつをこっせつしてたので、おもいものをもつなとおいしゃさんに言われているからです。

前に、左をこっせつしたことがあるので、左右おったことになります。そんな人って、日本になんにんいるのかなあ?

こんどはあきらめず、もういちどママにおねがいをしました。

ママはわたしのかおをジッと見て、ぎゃくにおねがいをしてきました。

「家にあるほかのバイクともちゃんとあそぶこと」

「ほうていそくどの30キロをまもること」

「夏でもチョークを引いて、だんきをしっかりすること」

「よこだおしにする時は、しんこうほうこう左がわを上に…」

ママはとってもこまかいです。

 

8月✖日(日)☀はれ

ゴハンを食べていたら、ママが丸いオナベみたいなものをもってきてわたしに言いました。

「ママも大好きなバイクをてばなしたことがあったんだよ。これはそのバイクの思い出だよ。だからカヲルはモトコンポ、大切にするんだよ」

きのうとはちがい、ママの目はすこしさびしそうでした。

「クソ…ゼファー750…あのとき売らないで、いま売っておけば…まさかこんなに高騰するなんて…クソクソ…」

ママはなんだかブツブツ言いながら、コーヒーをガブのみしていました。コーヒーって、どんなあじがするのかなあ?

そのあとパパと、モトコンポの名前を考えました。

モトコンポだから…コンポタってのはどうだい?コンポ…コーンポタージュ…コンポタ…プププ」

パパはとってもやさしいけれど、あまりしゅっせというのはしないなと思いました。