/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

【味変!】八幡屋礒五郎『拉麺七味』を試してみましたのことよ

 

「カヲルさん、行かれたんですってねぇ。どんな様子だったのかしら?」

「ええ、ええ、お義母様。それはそれは結構なもので」

「さぞや賑やかだったでしょう?」

「七年に一度の信州は "善光寺御開帳" ですから、ええ、それはもう大変な盛況ぶり。まったくもって非常に立派なもので、おかげさまで貴重な体験をさせていただきました」

「あらあら、それは羨ましいこと。ほんに、ご利益があるといいですわねぇ」

「お義母様のご長命も、僭越ながらお祈り申し上げておきました」

「まあまあ、それはご丁寧に。嬉しいわねぇ。謹んで御礼申し上げます」

「いたみいります」

「お土産までいただいてしまって、気を使わせて何か申し訳ないわねぇ」

「どうぞお気になさらず。ええ、信州土産といえばお義母様の大好きな八幡屋礒五郎』の七味唐辛子だと思いまして。善光寺参道にある本店で、所望させていただきましたの」

inakakaoru.hatenablog.com

 

「八幡屋の七味は、ほんに風味がよくて…『拉麺七味』あら?カヲルさん、なんだか珍しい商品だこと」

「そうでしょうそうでしょう、『ラーメンに七味なんて合うのかしら?』などと私も思いまして」

「そこでカップヌードルで試してみようと…」

「あら、カヲルさん。いわゆる即席麵なんて、よく口にする事があって?まさか息子に…」

「なにを仰います、お義母様。わざわざ買ってきたのですよ、わざわざ。オホホホ」

「まぁ…七味というより胡椒っぽいのね」

「ではカップヌードルにこのラーメン七味をば一袋、こうパラパラと振りかけてみます。味の変化が楽しみですわねぇ、お義母様」

ズルズル…

「こ…これは…お義母様…」

「一気にパッキャオばりのパンチが効いて、たいへん美味しゅうございます!」

「ええェ…そんな急激にラーメンの味が変わり、格が上がるなんてことが…」

ズルズル…

「美味しーい、コレ‼ もうカップヌードルじゃありませんのことよ!」

カップヌードルじゃありませんねえ」

ズルズル…

「マジ、コレ美味いじゃん!」

「すでに中華でもなくてよ」

ズルズル…

「ホント、ばちこりオススメ!」

「デザートにまで⁉」