/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

信州土産といえば『みすゞ飴』なわけじゃない?

 

f:id:inakakaoru:20220202224620j:plain『みすゞ飴』って、知ってる?

信州の道の駅やサービスエリアとかに、たいていあるヤツ。

アタイあれ、大好きなんだよね。

f:id:inakakaoru:20220202224743j:plainいわゆるゼリー菓子っていうの?

大正時代だかなんだか、ズイブン昔から作られているみたいだけど、見た目なんかポップで可愛いくない?

味は6種類くらいあったかな。包装されているセロファンにひらがなで「りんご」だの「ぶどう」だの「ももい」だの書いてあって、けっして「アップル」や「グレープ」じゃないわけ。

なんだか、ホッとするんだよね。慌ただしい日常、テンテコ舞いな人生を送っていると、こんなモノが、さ。

f:id:inakakaoru:20220202224756j:plain低血圧なんだよ、アタイ。朝はブラックコーヒーだって、やっとこさだよ。

その時『みすゞ飴』を、ポンと口に入れるのさ。国産果実を寒天なんかで固めてあるから、ビタミンだってモチ豊富でしょ。

若い肌のあなたに今「ACTION」と叫びたい。

そんな素朴で、ステキなお菓子。

 

f:id:inakakaoru:20220202225204j:plain信州上田にあるっていうわけ。黙々と『みすゞ飴』を、職人が手で作り続けている『飯島商店』っていう会社がさ。

100年以上も長きに渡り、広く県下で愛されているなんてスゴイことじゃない?

星だって、落ちたら石ころ。

続けることも、大切ってことよね。

f:id:inakakaoru:20220202225229j:plainこんなシンプルなゼリー菓子を看板商品にしてるくらいだから、きっと本店だって牧歌的でイイ感じのハズじゃない?

手拭いを被ったお婆ちゃんなんかが沢山いてさ、家族総出で飴を作ってて、囲炉裏なんかあってさ…きっと。ウフフ。

f:id:inakakaoru:20220202225513p:plainちょっと!

いきなりドアマンが扉を開けてくれるじゃない。

なにさ、ドアなんて自分で開けるから。

アタイ、イタリアの小娘じゃないんだから。

f:id:inakakaoru:20220202225655j:plain飯島商店…やってるじゃない、これは。

何が手拭い姉さん被りだの、一族郎党総出で飴作りだの、囲炉裏や合掌造りの屋根の角度は45度から60度だのよ。

こんなモダンで洗練された店内…これは、ズイブンやってるじゃない。

アタイの『みすゞ飴』の朴訥なイメージが…憧憬が…シャングリラが…

f:id:inakakaoru:20220202225749j:plain「立てばサファイア、座ればダイヤ、歩く姿はアクアマリン」

なんて昔の人が言ったか言わないか知ったこっちゃないけど、ここで陳列されてる『みすゞ飴』って宝石みたいに綺麗…

いつも寝ぼけまなこで、口に放り込んでいるヤツとは別物みたい。

低血圧なんだよ、アタイ。お昼過ぎなきゃ、起きられないよ。

f:id:inakakaoru:20220202230140j:plainどうもありがと。

綺麗で若い店員さんが、優しく丁寧に対応してくれるのね。

あなたもSK-Ⅱ…じゃない、ビタミン豊富な『みすゞ飴』でそのツヤツヤの肌を保っているのかしら。

今この肌でいられること、それが理由のすべて。

f:id:inakakaoru:20220202230320j:plainちょっと!

慣れ親しんだセロファン包み以外に、高級そうな和紙包みも売っているじゃない。どうなっちゃってるのよ。

でも、このギャップ、商品へのアティチュード、アタイ嫌いじゃない。

和紙のヤツ、一つ頂こうかしら。

あ、PayPayで。

 

f:id:inakakaoru:20220202230727j:plainなにさ和菓子っぽくカシコまって、なんだかヨソヨソしいじゃない。

これじゃあいつもみたいに、髪の毛ボサボサでソファーに胡坐かいてヒルナンデス観ながら口に放り込むなんて出来やしない。

茶室で正座なんて、もう何年もしたことない。

f:id:inakakaoru:20220202230807j:plainプッ。

和紙になったって「りんご」だの「ぶどう」だの、例のあの飾り気のない文字は替わらないワケ。

フフフ、やっぱり野暮ったいったらありゃしない。

f:id:inakakaoru:20220202230818j:plain口に入れると広がる、いつもの素朴な果実の甘味と、そして邪魔なオブラート。

ホントこの飴ときたら。まったく。

でも、それがいいんじゃない。

むしろ、それでいいんじゃない。

f:id:inakakaoru:20220202230846j:plainどんなにガワが変わっても、時代が変わっても、中身は変わんない。それが『みすゞ飴』ってヤツ。

アタイだって、昔からちっとも変わらない。

こんなアタイだもの、アンタ苦労するよ。アンタ、構わないのかい。

フン…『みすゞ飴』、お土産に買っていくんだから。