/* 記事内キーワード下線を消す */

ドカッとドコ行こう

略して ドカドコ!

【メインタンクブロー!】急速浮上「標高日本一の鍾乳洞」まで行ってきました

暑いなぁ…

f:id:inakakaoru:20190810135718p:plainアルパカって毛で覆われてモフモフしてるけど、暑くないのかなぁ…夏…

(この後アルパカさんがノールックで横倒しなってきたので、ズーン!すごい衝撃。地面で体を掻きたかったみたい。ちょっと~…危なカワイイ!)

避暑のため『もぐら駅』に潜ってきたことを、お土産を渡しながら周囲に自慢していると

「話は聞かせて貰ったよ。もぐら、涼しそうでよかった。僕も穴は大好きさ。でもね、世の中は広い。もっと涼しい場所もある。色々な所に行き、見聞を広めなければダメだ。尿管の穴から天を覗くっていってね…」

その声は…そのオヤジギャグ…セクハラチックな発言は…

f:id:inakakaoru:20190810133629p:plainバイクうろつき童子こと荒川さんじゃないですか!


inakakaoru.hatenablog.com

 

涼しいところに連れて行ってくれるそうです。ヤッター(^○^)

日を改めて、荒川さんが今回指定した集合場所「梓川SA上り」に到着したのでした。

f:id:inakakaoru:20190810164252p:plainゴクゴク…二輪専用スペース目の前のスターバックスには目もくれずRAIZIN  MOJITO」で水分補給です。爽やかー。

「目的地は岐阜県さ。」

「岐阜⁉お言葉ですが、岐阜は長野より西に位置するので、暑いイメージが…」

「岐阜と一言で言っても美濃地方とヒダ地方があってね、今回の行き先はヒダさ。ヒダにはスゴイ穴があってね、まずヒダの…」

「とりあえず安房峠を抜けて飛騨地方に行くことは判りました。あと、飛騨をカタカナで呼ぶのはなんか止めてください。」

f:id:inakakaoru:20190810165424p:plainなんのつもりか燃料キャップのキーシリンダーカバーをビーンとおっ立てて「RAIZIN CLEAR」をグビグビ飲む荒川氏。ちょっとエナジー過多のような…

 

国道158号線を走り、安房トンネルをくぐり抜け、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯の「アルプス街道平湯」に到着です。f:id:inakakaoru:20190810171739p:plainバスターミナルが併設されているので、多くの観光客の方たちが買い物を楽しんでいます。

岐阜といったら『明宝ハム』ですよね。国産豚肉100%のプレスハム。美味しいんですよー。ハムその物を食べたいのですが、調理してありすぐに食べられる『明宝ハムフランクフルト』を購入です。二つ下さーい。

f:id:inakakaoru:20190810175407p:plain「アチアチ…荒川さん、フランク持ってて貰っていいですか?写真撮りますから。」

「もちろんだ。こうかい?」

「ありがとうございました。 さて、いただきまーす!アチアチ…ハフハフ…モグモグ…美味しーい)^o^(」

「この角度かい?グイーンって、こうかな?」

「モグモグ…あーはいはい…モグモグ。あのー、涼しい場所というのは」

「もちろんだ。」

 

158号線を荒川氏の背中を見ながら走ります。

荒川さんは、佐々木健介ことパワーウォリアーヘルレイザーズを結成できるくらいの恐妻家として知られますが、今回も数日前より奥様からツーリングの許可を得ていたというのに、出掛けに「いいわねぇお楽しみで…グリーンカーテンのゴーヤの収穫をしなさいよ!」と詰め寄られ、ゴーヤを生でかじった様な苦悶の表情に。集合時間に安定の遅刻となったのでした。バイクに乗っている時くらいは、自我を解き放ってもいいと思うのです。

その奥様ですが、てっきりANNIHILATORの『KING OF THE KILL』で歌うジェフ・ウォーターズによるリフ後第一声の咆哮みたいなだと思っていたのですが、電話でお話しをしてみると"玉を転がすような"美声なのですから、世の中わからないものです。

 

連れてきていただきましたー!f:id:inakakaoru:20190810195311p:plain高山市丹生川町にあります『飛騨大鍾乳洞』です。

「ここは標高900m、日本一高い場所にある観光できる鍾乳洞さ。」

「日本一…スゴイ。だからこのキャラクターはヴィクトリーのVサインをしているんですね!」

「う…これは飛騨乗鞍観光協会所属のキャラクター、すくなっツーといってね…」

すくなっツー…この眉毛…このヒゲ…陸奥圓明流の道着の裾のように縛った袖口…なんとも精力に満ちたワイルドな風体です。

 

それでは、入洞してみましょう!f:id:inakakaoru:20190810214447p:plain「入洞の色は…わんばんこ…」

「なんです?荒川さん。」

f:id:inakakaoru:20190810215925p:plainこ、これは涼しーい!夏でも洞内の気温は10℃くらいなんですって。

f:id:inakakaoru:20190810220706p:plain地酒だって低温で貯蔵できちゃう。

「奥様のお土産に地酒はいかがですか?」

「家内はお酒は飲まないんだよ。超がつくほどの堅物でね。下ネタなんてもってのほかさ。」

「…。あ、メールが来てますよ。」

「バイクで出掛ける際は、家内が心配してこうして時々メールを送ってくるんだ。」

「なるほど、ラブラブですね~。」

「ハハハ、安否確認だよ…」

f:id:inakakaoru:20190810220629p:plainスゴイ…どれだけ長い年月をかけて形成されたのでしょうか。気が遠くなって、ボーっとしちゃいます。

f:id:inakakaoru:20190811204426p:plain足元は舗装されているのですが、斜面や階段を昇ったり降りたりと結構なアップダウンで大変です。でも、あまり整備し過ぎても…便利はありがたいけど…自然のままって難しい。

f:id:inakakaoru:20190810220756p:plain楽しかったー(^○^)そして涼しかった!色々と見てみるもんですねぇ、やっぱり。自然ってスゴイ。

「ありがとうございました、荒川さん。またひとつ、見聞を広めることができました。」

「どういたしましてさ。…ところで、岐阜には美女街道というスゴク魅惑的な名称のスポットがあると聞いているんだけど…」

「あ、国道361号線のことですね」

f:id:inakakaoru:20190811083217p:plain
「近くに美女峠があるので、そう呼ばれているそうですよ。走りやすくて、良い道でした。」

「…美女は?」

「そりゃ居るかもしれませんけど。以前走った時は、そもそもあまり人影が…。でも、ホントに走りやすい道なんですよー。こうストレートが」

「…そう。」

なんだか意気消沈気味の荒川氏。少し歩き疲れたのかな?歳だし。

f:id:inakakaoru:20190810220918p:plain敷地内にはお土産屋さんや食事が出来るお店もあります。これはいいですね。少し息を入れましょう。

f:id:inakakaoru:20190810221248p:plainひやしあめ」じゃないですかー。飴大好きの自分としては、ほっておけないですよ!

f:id:inakakaoru:20190810221336p:plain美味しーい)^o^( 水飴とショウガのバランスもちょーどイイです。ゴクゴク…

「あ、奥様にメールですか。」

「そう。帰るメール。さっき良い写真を撮ってね。添付、送信と…」

「どんな写真です?私にも送ってください。」

f:id:inakakaoru:20190810221523p:plainその写真がこれ!

ズーン!とすごい立派なカエルが2体、まさに「今日も無事カエル」です。これは奥様、安心しますよ!

ご利益もあり、無事に長野に戻った我々なのでした。

 

その後、何故かまたまた荒川氏と連絡が取れなくなり、それから姿を見た人はいませんが、きっと夫婦円満に過ごされていることでしょう。生真面目な奥様ですから、あの写真は喜んだだろうなぁ。よかったよかった。

待っている人のところに無事カエルまでがツーリング。今度はドコ行こう!